【これでわかる!】ゴルフ初心者が買うものとその相場金額

モデル 六角屋 優太(むっすー)


Follow Me

【これでわかる!】ゴルフ初心者が買うものとその相場金額

皆さん、こんにちは!joker専属モデルの六角屋 優太(むすみや ゆうた)こと、”むっすー”です。

今回お届けするテーマは、「ゴルフ 初心者 揃えるもの」です。

ゴルフってお金がかかるスポーツのイメージがありますよね。若い方のゴルフ人口が増えたとはいえ、実際にゴルフをプレーしている年齢層は高く、時間とお金持に余裕のあるおじさま達がプレーしていると思ってはいませんか?

正直、ゴルフをするにはゴルフクラブだけでなく様々なものを用意しなければなりません。ただ、ゴルフを始めるにはお金がかかるイメージがあるだけで実際にどのくらいかかるのかは、よく分かっていない初心者の方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はゴルフを始める・プレーするのに、何が必要でどのくらいの費用がかかるのかについて初心者に向けて解説していきます。

まずは練習(打ちっぱなし練習場)でのデビュー。もうひとつが本格ゴルフコースデビューの2通りのパターンがあります。この2つのタイミングで初心者の方が必要になってくるものとその金額についてご紹介したいと思います。

初めからコースデビューに必要なものを全て揃えるというのもいいのですが、それだと一度に大きな費用がかかってしまうので、初心者の方はまずは練習の段階で必要なものだけを揃えて「ゴルフを続けて行こう!」となってから全てを揃えても全然いいと思います。

1 ゴルフ初心者がゴルフを始めるのに必要な道具

1-1 ゴルフクラブ

ゴルフクラブ

初心者の方でも思いつく道具はゴルフクラブではないでしょうか。

練習場で練習をする時も、ゴルフ場でプレーをする時も、ゴルフをする上ではなくてはならない道具です。クラブを大きく分けると、飛距離が一番出るドライバー、ロングホールの2打目によく使うフェアウェイウッド(ユーティリティー)、正確にピンを狙うためのアイアン、カップに入れるためのパターに分類できます。

ゴルフは、ゴルフクラブ14本以内でプレーをするというルールがあります。ただし、必ず14本揃える必要はなく「14本以内」であればOKです。初心者の方は、最初から14本揃える必要はありません。自分の上達に合わせクラブを追加していく揃え方が経済的にも優しいと思います。初心者向けクラブセットなども販売されているので、始めはそのクラブセットでも十分だと思います。

まだゴルフを今後続けていくかどうかわからない方は、ゴルフ練習場やコースにはレンタルクラブが用意されている所もありますので、それを利用してもいいと思います。

1-2 ゴルフグローブ

ゴルフグローブ

次に、絶対に必要なものがゴルフグローブ。クラブが滑らないようにするための必需品です。手をクラブにフィットさせる効果があります。

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)ではたくさんのボールを打ちます。初心者の方であればたくさん素振(空振り)りもするでしょう。手にマメができたり、皮がむけたりしてしまうと痛くてクラブを振れなくなる可能性があるので、ゴルフ専用のグローブで予防しましょう。

また、素手でクラブを振るとクラブがすっぽ抜けてどこかに飛んでいくということがあり、周りの方を危険にさらしてしまします。なのでグローブをしてすっぽ抜けを防ぎましょう。

右利きの人は左手に、左利きの人は右手にはめます。価格帯は2,000円以上する高品質の天然皮革のものから、1,000円〜2,000円ぐらいの合成皮革のものなど幅広く販売されています。初心者の方は1,000円くらいのグローブを実際に試してみて、自分の手に合っているサイズをしっかり選びましょう。合成皮革の方が雨に濡れても耐久性がありオススメです。

2 ゴルフ初心者が打ちっぱなしや練習の際に必要なもの

ゴルフ初心者が打ちっぱなしや練習の際に必要なもの

ゴルフを始めるにあたり、初心者の方はまずどんな道具から揃えるべきか?気になりますよね。初心者はコースに出る前に、ゴルフ練習場(打ちっぱなし)に行き、最低でもボールが前に飛ぶようになる練習が必要になってきます。

練習場では、上記でもご紹介しました「グローブ」が必要になります。この時はまだ「シューズ」は絶対に必要なものではないですし、「ゴルフクラブ」はレンタルでも大丈夫です。だた、練習からMY「シューズ」やMY「ゴルフクラブ」で練習したいという方は最初の段階から揃えてしまうのもアリです。

練習を重ね、いよいよコースデビューとなったら「ゴルフクラブのフルセット」と「キャディバッグ」、そしてコースを回る時に必要な「ラウンド小物類」を揃えると良いでしょう。

2-1 必要最低限のものを揃える

ゴルフ練習場では正直ゴルフグローブさえあれば練習することが可能です。

練習場にもよりますが、貸しクラブがあるので初心者の方は貸しクラブで練習しても良いと思います。ただ、フルセットを借りることは難しく、借りれて3本くらいまでなので注意しましょう。

シューズに関して、近々コースデビューする予定があるようでしたら先に揃えていて大丈夫です。価格に関しては1万円~2万円ぐらいのものが多いかと思います。練習場の地面は人工芝でスポーツシューズですと滑って力が入りにくいこともあるのでシューズがあると便利です。

ゴルフクラブも初回で感じがつかめてからの購入で問題ありません。

2-2 全て揃える

必ずゴルフを続けていく!と決意を固めている方は、初めから全て揃えて頑張りましょう。

全て揃えて練習をすると気持ちの入り方が全然違ってきます。

  • ゴルフクラブ
  • ゴルフバッグ(キャリーバッグ)
  • ゴルフシューズ
  • ゴルフシューズケース

練習に必要な道具は上記の4点に絞ることができます。

まずはゴルフクラブについてですが、初心者の方でしたらゴルフコースにデビューできるセットになったものがオススメ。この場合ゴルフバッグもセットになっていることが多くお得なセットになります。金額的には、目安ですが3万円台くらいからメーカーもので5~6万円台で購入することができると思います。

ゴルフシューズはソフトスパイクタイプのものとスパイクレスタイプのものがあります。ソフトスパイクシューズは1万円前後~、スパイクレスシューズは5千円台~の購入ができると思います。

スパイクレスシューズは購入しやすい金額設定ですが、ソールがすり減ってきた場合に買い替えが必要になります。その点、ソフトスパイクシューズはソールの鋲が交換できるのが特徴で、鋲がすり減ってきた場合は交換するとグリップ力が回復し使い続けることが可能です。

練習もたくさんして、コースにもよく行かれる方はソフトスパイクタイプが経済的でしょうし、それほど練習にもコースにもいかれない方はスパイクレスがお得ではないでしょうか。このシューズを入れるシューズケースも必要なのでシューズ購入時にセットで購入しましょう。

3 ゴコースラウンドの際に必要なもの

コースラウンドの際に必要なもの

いよいよコースデビューですね。ウキウキ・ワクワク・ドキドキで前日はなかなか眠れないことでしょう。せっかく必要なものを揃えても持っていくのを忘れては初めてのコースデビューが台無し。前日に持ち物の再確認は必ずしておきましょう。

先述した通り、「ゴルフクラブのフルセット」とクラブを収納する「キャディバッグ」、そして「シューズ」の3点は最低でも揃えてからコースデビューしましょう。

また、ゴルフクラブですが、プレーをする際のルールとして「14本以内」と決められてます。ただ絶対に14本必要では無いので、まずは自分に合ったクラブ選び上達によってさまざまなクラブを追加していくのがオススメです!

基本、一番飛距離の出る「ドライバー」とパー5などのロングコースでの2打めに使用する「フェアウェイウッド系」、コースを回る際に一番使用頻度が高い「アイアン」。一般的に5番~9番の5本とPW(ピッチングウェッジ)SW(サンドウェッジ)の計7本。そしてグリーンで必ず使用する「パター」まずはこの10本さえ揃えればコースデビューに問題なしです!

次にクラブを収納するキャディーバッグです。クラブの収納はもとより、ドライバーの際に使用するティーやボールなど様々な小物を収納出来ます。

また、多くのコースではキャディーバッグ無いとコースでのプレーが出来ませんので、必ず用意しましょう!

ゴルフシューズ

そして最後にゴルフ専用のシューズです。まずゴルフ場でプレーをする際は、通常のスニーカーはNGです。ゴルフ専用のシューズが必要です。

普通のスニーカーとの違いと言えば、足元のグリップ力を高めるためにソールに「スパイク」が付いています。「スパイク」が無いと足元のグリップ力が弱まることや、傾斜でのスイングも滑って安定しません。

近年では、スパイクタイプのような取り外し出来るシューズではなく、普段履きとしても使用できる「スパイクレス」シューズが人気なので、初心者の方やこれからゴルフを始める方にはオススメです!

ゴルフのラウンド初心者の方はこちらの記事を必ずチェック!



4 ゴルフ初心者が持っておくと便利なもの

ゴルフ練習やコースラウンドに必要なものが揃えば基本的には大丈夫です。ですががゴルフをやっていくうちにこういうものがあれば便利とか、あの人がもっているアレが欲しいという風に欲しいものがどんどん増えてきます。なので、その欲しくなる便利なものはじめから初心者の方も揃えれるようにご紹介します。

4-1 スコアカウンター

初心者の方がコースに出ると、コースごとのスコアが分からなくなることが多々あります。何度も何度も打つと数えることも忘れてしまいます。次のコースに行くときに「何打だった?」と聞かれても答えられない初心者の方を見かけることがあります。

そんなときに役立つのがスコアカウンター。1打打つごとにカウンターを動かし自分の打数を記録していきます。ホールが終わればリセットし、次のホールでも同じように1打1打記録していきましょう。

4-2 カートバッグ

カートバッグ

スマホやタオル・スコアカードなど、ちょっとした小物を入れるカートバッグがあるとかなり便利です。ハーフ終了後のお昼ご飯の時にも、貴重品などを持ち運ぶ際に重宝します!

▼オススメカートバッグはこちら

4-3 ボールポーチ

ボールポーチ

初心者の方には必須アイテムです。初心者の頃はボールが真っ直ぐ飛ばず、すぐ「OB」になりがちです。ボールをロストするたびにカートまで取りに戻ると時間も掛かり、ほかのプレーヤーの迷惑になることも。

ラウンドをスムーズに進めるためにもボールポーチは必需品ですね!最近はさまざまなブランドから、バリエーションに富んだアイテムが発売されています。まずは高価な物よりも安価で使いやすいアイテムを選ぶことをオススメします!

▼オススメボールポーチはこちら

5 ゴルフ初心者がその他にそろえるもの

ここからは、ゴルフクラブやバッグというギアではなくメンズウェアについてご紹介します。

ラウンドの際に着用するウェアにはルールやマナーがあります。今回は定番アイテムと共にマナーにも少し触れます。コースに出る際にぜひ、今回紹介するウェア類を揃えてください。

5-1 トップス

トップス

トップスは男女ともに襟のついたポロシャツを着用するのが無難です。最近ではモックネックというアイテムがゴルフウェアで多数展開されているので、そちらをポロシャツの代わりに着用しても問題ございません。

夏はポロシャツを着用すれば問題ございませんが、秋冬に関しては少し注意が必要となります。気温が下がりだす秋には、ニットや軽い羽織物を着用することが多くなります。その際はインナーにポロシャツかモックネックを合わせましょう。

また、冬はアウターを着用します。ZIPタイプのものなどを全て閉めていれば見えることはありませんが、インナーには首元があるアイテムを合わせてください。

以下にオススメの春夏に必ず持っておくべきメンズのポロシャツとモックネック、また、秋冬のアイテムを掲載しますのでURLをクリックしてご覧ください!

▼春夏に必ず持っておくべきポロシャツ・モックネック

▼秋冬オススメアイテム

服選びに悩まれているメンズはこちらをチェック!

ゴルフウェアで遊びつくしたいメンズはこちらをチェック!

5-2 パンツ

パンツ

次はパンツについてご紹介します。ゴルフのマナーでは原則ロングパンツを着用ください。メンズは無地のチノパンなどが無難かと思います。

先ほどトップスのところでモックネックというアイテムについてお話しましたが、パンツにもチノパン以外に多数商品が展開されています。代表的なところでいうと、夏に多く展開されるハーフパンツ、オールシーズン着用できるジョガーパンツなどがメンズには人気があります。

各社ファッション性の高いアイテムを展開することで、ウェアでオシャレを楽しむこともゴルフの醍醐味の1つとなりつつあります。

さて、パンツ選びで大切なのは、窮屈感がないまたはストレッチ性のあるものを選ぶということです。そもそもゆとりのあるチノパンとかですとストレッチ性がなくとも問題ございません。ですが、スッキリしたスキニーシルエットのズボンを選ぶ際はストレッチ性を必ず意識しましょう。コースに出ると案外歩くことも多く、ストレスなく着用できるストレッチ性は購入の際に確認してください。

パンツに関しても、以下にオススメのパンツとショートパンツを掲載しますのでURLをクリックしてご覧ください。

▼オススメパンツ

▼オススメハーフパンツ

ハーフパンツのオススメコーデを知りたい方はこちらをチェック!

6 コースで絶対に使う小物

初心者が必要な最低限のものは一通り揃え終わりましたね。最後に小物類(消耗品)をご紹介します。ゴルフ場のクラブハウスでも購入できますが、ゴルフショップで購入するほうが経済的なので事前に揃えておくことをおススメします。

6-1 ゴルフティー

ゴルフティー

各コースの1打目で使用するのがゴルフティーです。これは必須なのでぜひご購入してください。価格は比較的安価で1000円もしないくらいで購入できますし、それで十分プレーが出来ます。

ドライバーに使用するティーと、それ以外に使用するショートティーというものがあります。無くしてしまうこともあるので、コースには2、3個は持っていきましょう。

6-2 ゴルフボール

ゴルフボール

道具を揃えても肝心のボールがないとプレーをすることができません。安いもので1ダース(12球)1000円くらいのものがあります。初心者の方はそのくらいのもで十分です。もっと安いものですと、ロストボールと言って中古のボールが販売されています。30球1000円くらいのものもあるのでさらにお得です。

ゴルフは18ホール回るスポーツです。もし、1ホール1球無くすと18球必要です。初心者ですと最低でもこの倍の36球(2ダース)は準備していきましょう。

最後に

「【これでわかる!】ゴルフ初心者が買うものとその相場金額」はいかがでしたでしょうか。これでゴルフの始める際に何が必要で、だいたいどれくらいお金がかかるのかが分かったと思います。もちろん最初からすべてをそろえる必要がありません。コースに出るなら、「クラブ、ゴルフバッグ、シューズ、プレーする時のウェア」があれば大丈夫です。

もしウェアについて何を購入すればいいのかお悩みの初心者の方は以下にゴルフウェアについて書いた記事を載せておきますので、ぜひご覧ください。

DIVINER GOLF

また、今回紹介したゴルフウェアは全て『DIVINER GOLF』というブランドのものです。

『人生の中の特別な時間にこそ着たくなるウェア』という想いを込めて、プレーもファッションも楽しんでもらえるメンズ中心にゴルフウェアを展開しております。

スコアだけじゃなくてゴルフウェアのこだわり、楽しむのがゴルフ!!ゴルフという時間を遊びつくす人が増えてほしい!そんな思いで日々活動をしております。

今回の記事で少しでも興味を持ってくださった方は、以下にDIVINER GOLFの全商品がみれるURLを貼っておきますので是非クリックしてください。

DIVINER GOLF商品一覧はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました。

むっすー

【joker専属モデル】
六角屋 優太(むすみや ゆうた)

メンズファッションECで数々の受賞歴がある『joker』で専属モデルとして活躍中。
埼玉出身の東京在住。遊びに行くことと体を動かすことが大好きですが、お酒は激弱(笑)
時間があるときは、基本的にインスタのDMに返信をしています!

Follow Me

Instagramフォロワー:1.2万人
身長:180cm
体重:68kg
趣味:筋トレ

その他ゴルフの記事はこちら

(おわり)