• DIVINER GOLF
  • お買い物カゴ

再入荷

30代太めメンズ必見!おしゃれなメンズファッション着こなしのコツまとめ

バイヤー山中

jokerバイヤー:山ちゃん

メイン画像

山ちゃん
山ちゃん

みなさんこんにちは!
jokerバイヤーの山ちゃんです!

30代って多くの方がファッションに悩む時期ですね。
年齢が上がるにつれて体型が変わっていく方は多いです。

30代になって皆さんはどう変わりましたか?
中には「やせた」っていう方もいらっしゃるかもしれませんが、圧倒的に太ってしまった方が多いのではないでしょうか。

今回はちょっとポッチャリしてしまった30代メンズの方の「細く見せたい」と「ぽっちゃりでもファッションがオシャレだと思われたい」という願望にお答えしていきます。

  1. 30代の太めメンズにおすすめメンズファッションコーデ厳選12選
    1. 黒系アート柄シャツと黒ハーフパンツ
    2. 杢グレー半袖カットソー+ハーフパンツ
    3. ブラックプルパーカー+ハーフパンツ
    4. 長袖チェックシャツ+チェックハーフパンツ
    5. 半袖チェックシャツ+チェックハーフパンツ
    6. タイダイZIPパーカー+ブラックハーフパンツ
    7. タイダイ風シャツ+ホワイトハーフパンツ
    8. 貼付プリントTシャツ+ダメージスキニージーンズ
    9. ビッグロゴTシャツ+ホワイトパンツ
    10. イタリアンカラーテーラードジャケットのセットアップ
    11. ノーカラージャケットのセットアップ
    12. ジレ+スラックスのセットアップ
  2. 太め30代メンズ必見!体型をカバーするファッションのポイント
    1. 30代は収縮色のアイテムを選ぶ
    2. 30代は清潔感が重要!
    3. 30代はサイズ感を工夫する
    4. 30代のアウターはロング丈を
    5. 30代はシルエットにメリハリをつけましょう
    6. 30代はYラインとIラインがおすすめです
    7. 30代は縦のラインを強調したファッションを
  3. 30代太め体型メンズが気を付けるべきNGファッション
    1. 明るい膨張色は太く見える
    2. 首の詰まったデザインのアイテム
    3. 全身黒のオールブラックファッション
    4. だぼだぼすぎるシルエット
    5. ヘアスタイルも重要
  4. 30代太め体型メンズにおすすめのアイテム
    1. 30代にオススメその① ロングコート
    2. 30代にオススメその② Vネックカットソー
    3. 30代にオススメその③ シャツ
    4. 30代にオススメその④ テーパードパンツ
    5. 30代にオススメその⑤ ショートパンツ
  5. まとめ

1.30代の太めメンズにおすすめメンズファッションコーデ厳選12選

黒系アート柄シャツと黒ハーフパンツ

着用アイテムはこちらからCHECK

少しオーバーサイズのシャツを前開けにして羽織るスタイルのファッション。

前開けにすることで窮屈感が払拭されます。
着丈が長すぎるとサイズが合っていない印象になるので注意しましょう。

インナーはTシャツでもタンクトップでもOK。
シャツと同系色のハーフパンツを合わせることでファッションの縦のバランスが通ります。

黒を多く使うことで全体が引き締まった30代ファッションを完成させます。
この夏まさに参考にしたい30代ファッション。

杢グレー半袖カットソー+ハーフパンツ

コーデ2

着用アイテムはこちらからCHECK

30代が大人っぽくオーバーサイズのファッションを実践するなら、子供っぽく見えないようによりシルエットのバランスには注意をしたいところ。

ダボダボ過ぎると余計に大きく見える可能性があるので、市場で多く見られるような肩線を落としたドロップショルダーや身幅をたっぷりとったトップスより、こちらのメンズが着ているような肩線がちょい落ちるぐらいのオーバーサイズのトップスがベターです。

これならビッグシルエットのハーフパンツを合わせることなく、ちょいゆるのハーフパンツで大丈夫。
30代らしいヘルシーなファッションが簡単に完成。
特に首元がヨレていないことが大事なポイントです。

ブラックプルパーカー+ハーフパンツ

コーデ3

着用アイテムはこちらからCHECK

胸元にさりげなく配置されたロゴがポイントのブラックプルパーカーと同素材のハーフパンツのセットアップ。

まったくの無地だとルームウェアの印象が強くなってしまうのでそこは注意しましょう!

30代は少しゆとりあるトップスのシルエットとブラックの引締め効果でスマートな印象に。

足元までブラックだと暑苦しいので、ホワイト☓シルバーのスニーカーで軽さで抜け感を演出。

オーバーサイズのファッションでの特徴の一つが、良くも悪くも見た目の存在感がグンと増してしまうこと。
つまり一歩間違えれば悪目立ちしてしまいます。

それを回避するならブラックでまとめるのが手っ取り早く、まさに30代の大人によるオーバーサイズのファッションの攻略法です。

長袖チェックシャツ+チェックハーフパンツ

コーデ4

着用アイテムはこちらからCHECK

オシャレは我慢ということで、長袖シャツの力を借りましょう。

腕の露出面積を少なくすることで、シャープな印象を演出しつつ、シャツの全面を開けることで窮屈感も軽減できちゃいます。

シャツに合せたビッグシルエットのハーフパンツで全体のバランスもバッチリ。
ここがセットアップの良いところですね。

だた、膨張色系のチェック柄なので、インナーのTシャツと足元はブラックアイテムでしっかりとポイントを押さえて引き締めるようにしましょう。

半袖チェックシャツ+チェックハーフパンツ

コーデ5

着用アイテムはこちらからCHECK

切替え半袖チェックシャツにチェックハーフパンツを合わせた30代のセットアップファッション。

窮屈な印象をなくすため、こちらも全面のボタンを全開にしてシャツを羽織りましょう。

無地のハーフパンツでも問題ない30代ファッションではありますが、より30代らしい大人の個性を出すなら柄シャツ+柄パンツの取り入れが効果的。

個性的なデザインでも、前身頃が無地だと意外とバランス良くまとまります。

やはり、ブラック系でまとめるのがスラっと見せるセオリーですね。
インナーとスニーカーはホワイトで軽さを出しましょう。

そして、30代の大人が選ぶべきハーフパンツは膝丈か膝より少し上の丈感のボックスシルエットが最適。

逆に丈の短い膝上ハーフパンツは貧弱な印象が強く、ムダ毛の処理がおろそかであれば清潔感が損なわれ廻りに不快感を与えかねないので注意してください。

タイダイZIPパーカー+ブラックハーフパンツ

コーデ6

着用アイテムはこちらからCHECK

夏らしい柄のタイダイZIPパーカーにブラックのハーフパンツを合わせた初夏のファッションスタイル。

暑さ・窮屈さを軽減するため、ZIPパーカーはフロント全開でラフに羽織りましょう。
フードを少し肩抜きっぽくすることで軽やかさがさらにUPされます。

ボリューミーなZIPパーカーと、対照的に足元がスッキリとまとまるハーフパンツの組み合わせは意外に相性が良く、好バランスのシルエットが作りやすくなっています。

90sやY2Kトレンドの影響から、タイダイ加工が施されたアイテムが注目されています。

ゆったりシルエットで注目アイテムのタイダイZIPパーカーを使った30代ファッションを取り入れてみてはいかがでしょうか。

タイダイ風シャツ+ホワイトハーフパンツ

コーデ7

着用アイテムはこちらからCHECK

ホワイトのハーフパンツファッションをオシャレに見せるなら、ブラックのトップスを合わせてモノトーンに仕上げるのが手っ取り早いです。

フロントを全開にし余裕をもたせたインナーにブラックをチョイスすることで引締め効果はバッチリ!

配色バランスがキレイに仕上がるよう、ハーフパンツとスニーカーはホワイトで調整しているのも上手なポイント。

アイテムの組み合わせや色合わせによってピリッとスパイスの効いた、まさに手本となる好例のファッションテクニック。

貼付プリントTシャツ+ダメージスキニージーンズ

コーデ8

着用アイテムはこちらからCHECK

30代の大人らしさと清潔感を損なわない程度にエッジを効かせたダメージ&プリント加工のブルースキニージーンズと、胸元のプリントが存在感バツグンのホワイトビッグシルエットTシャツの30代ファッション。

トップスには少しゆとりをもたせたTシャツをもってくることで抜け感を演出。

窮屈にならないシルエットが大人Tシャツ30代ファッションのお手本。
ローカットのブラウンスニーカーを合わせるところがニクい30代ファッションですね。

ジーンズのクロップドの丈感も軽やかさを印象つけるのにスパイスがきいています。

Tシャツ&ジーンズのシンプルながらキラリと光る個性を感じさせるファッションを完成させています。

30代の気になるカラダのラインを拾ってしまうようなタイトなTシャツでは得難い動きのあるシルエットを演出するなら、これくらいのビッグシルエットやオーバーサイズのTシャツがおススメ。

ビッグロゴTシャツ+ホワイトパンツ

コーデ9

着用アイテムはこちらからCHECK

ブラックTシャツファッションを爽やかに見せるならボトムスはホワイトパンツを選ぶのが鉄板。

ブラックのビッグロゴTシャツとホワイトパンツでつくる30代のモノトーンファッション。

ビッグシルエットのTシャツがゆとりをつくりだすので、ホワイトパンツでも膨張した印象にならない上手な合せですね。

爽やかで涼しげなイメージをつけられるだけでなく、コントラストのスパイスが効いてモノトーンの統一感もあるお手本にしたいファッション。

ロゴプリントのホワイトとパンツのホワイトがシンクロしているので、ビッグロゴでも全体にまとまったスタイリングになっています。

イタリアンカラーテーラードジャケットのセットアップ

コーデ10

着用アイテムはこちらからCHECK

イタリアンカラーのテーラーJKTにVネックのTシャツを合わせたセットアップファッション。

VネックのTシャツで胸元を開けることで暑苦しさを軽減しています。

イマドキにチューニングしたやわらかい素材で作る30代のブラックセットアップコファッション。
モノトーンの色使いがスタイリッシュな印象に仕上げています。

無駄の無いブラックセットアップと無地インナーの組み合わせが、足元のスニーカーによるハズしのテクニックを最大限に効かせている。

今を感じるセットアップ×スニーカーのスタイリングを狙うなら、是非こちらの30代ファッションをご参考にチャレンジしてみてください。

ノーカラージャケットのセットアップ

コーデ11

着用アイテムはこちらからCHECK

襟の無いノーカラーのジャケットは堅苦しさから解放してくれる頼りになるアイテム。

そのジャケットを使い、爽やかさを演出するのに長けたホワイトTシャツと、フォーマルファッションにこなれ感をもたらす白スニーカーはどんな色柄のスーツにもマッチし、ファッションに狙い通りの清潔感と軽快感をもたらしてくれるとてもナイスなセットアップです。

ブラックチェックの柄が無地よりもオシャレで30代の大人の余裕を印象付けます。

夏にセットアップをフォーマルダウンにこなすなら、ホワイトTシャツとホワイトスニーカーを合わせるスタイリングがおすすめ。

ジレ+スラックスのセットアップ

コーデ12

着用アイテムはこちらからCHECK

ドビークロスのフォーマルな素材のジレ&スラックスの30代セットアップファッション。

光沢ある素材で30代の大人感を演出。
この時期、気温的にテーラードジャケットを羽織るのは暑すぎる、しかしキチンと感は印象つけたいという時にはジレの取り入れが最適。

ジャケットを羽織らない分軽やかさがUPされます。
ジレは元々ドレスアイテムであるためキッチリ感を備えており、しかもホワイトシャツとの相性もバツグン。遊びのスパイスがきいた30代のキレイめファッションが簡単に作れるのも魅力。

こんな風に立ち襟のシャツを合わせれば、より一段と30代の大人っぽさを演出することができます。

2.太め30代メンズ必見!体型をカバーするファッションのポイント

30代は収縮色のアイテムを選ぶ

収縮色

30代の体型を気にしている人って結構「濃い色」を選びがちでは無いですか?
Tシャツだと白よりも黒を選んだり、ジャケットだとグレーよりもネイビーを選んだり・・・。

実はブラック、ネイビー、チャコールグレーなどの濃い(暗い)色は収縮色とも言われており、体型を引き締めて見せてくれる色なのです。

なので、本能的に選んでいる30代の方も居るかもしれませんが、それは自然と「気になる体型の個所をスッキリと締まって見せたい」ということが実践されているのです。

先ほども言いましたが、収縮色は引き締め効果があるので、30代のぽっちゃり体型やガッチリ体型の方にはかなりオススメのカラーです。

体型をスマートにスタイリッシュに見せることが出来て、全身をコーディネートすることができます。

ですので、シルエットに多少遊びがあるくらいゆったりしていても問題ありません。

ただし、明らかに体型以上のサイズのモノを着ないようにすることや、暗い色を使いすぎてコーディネートが重たくなりすぎ無いように注意が必要です。

部分的に白のレイヤードを取り入れるとメリハリが効いてファッションがよりおしゃれに見えるのと、軽快さが加わり全体が軽く見えるようになりますよ。

山ちゃん
山ちゃん

収縮色は太さが気になる所に選んで使うのも効果的です。

具体的に言うと、肩や胸周りなど上半身がガッチリしているような30代メンズは上半身に、太ももやお尻周り、ふくらはぎなどがガッチリしているメンズだと、下半身に暗い色を持ってくるようにしましょう。

ブラックやネイビーのアイテムを持ってくることで、引き締まって見える効果が得られます。

30代は清潔感が重要!

着用アイテムはこちらからCHECK

ぽっちゃり30代メンズに限ったことではありませんが、清潔感は大切です!

まず、他人からの第一印象は 3~5秒で決まると言われています。
その3~5秒で好印象を得る為にも「見た目の清潔感」は大切です。

具体的には
①だらしないサイズ感の服は着ない。
②襟元がよれよれ、シワが多い服は着ない。
③3首(首、手首、足首)に気を使う。
つまり、

①自分に合ったサイズの服を着る。
②形状記憶、イージーケアの服を選ぶ。
③アンクルパンツやテーパードパンツなど足首が締まっているパンツを選ぶ。

周囲の人に好印象を与えるためにも、絶対に清潔感はあったほうが良いです。

リラックス感のある大きめシルエットやワイドパンツがトレンドだったりもしますが、太め30代メンズがオーバーサイズに手を出すと、逆効果になりかねません。

それよりも「出すところは出す、隠すところは隠す」というメリハリの効いたファッションの方が断然オススメです!

30代が清潔感を出すのにおススメなアイテムはズバリ「シャツ」です。

シャツを積極的に活用しましょう!
サイズ感に関しては「スッキリ感」が出るものを選びましょう!

30代の太めの体型だと横幅が広くなると、比例して着丈が長くなる傾向が強いので、着丈が長すぎないかを必ず確認しましょう。

首回りが苦しい時は素直に第2ボタンまで開けてしまう方が逆に印象が良くなります。
無理をして「苦しそうだな・・・」と思われるよりは「ラフなファッション」に見えるコーディネートにしてしまった方が第一印象はよくなります。

山ちゃん
山ちゃん

色は収縮色がおススメですが、いつもダークカラーばかりだと怖い印象を持たれることもあります。

爽やかで清潔感もあって、体型もカバーできるのは「ストライプ」です。
ホワイトやブルー、ネイビーなどのカラーリングだと爽やかで、ストライプの縦縞が細見え効果もあるのでオススメです!

着用アイテムはこちらからCHECK

デニムパンツやブラック系など収縮色系のパンツとも相性が良いので、コーディネートも簡単です。

その他にも「ウインドペン柄」や「千鳥格子柄」などは30代に相応しく大人っぽく見えるのと体系カバーの効果もあるのでオススメです。

無地だとホワイト、ブラック、ネイビーなどがおススメです。
ホワイトは膨張色ではありますが、シャツとなれば「清潔感」が全面に出ますので、実はそんなに体型が大きく見えることはありません。

もし気になる30代の方はカーディガンやジャケットなどを合わせれば、おしゃれなファッションに見えるので一石二鳥です!

30代はサイズ感を工夫する

サイズ感を気にした服装

着用アイテムはこちらからCHECK

太め30代メンズが良くハマる罠ともいうべき「シルエット」についてです。

細く見せたい、メリハリをつけたいという思いはあるでしょうが、基本的にパツパツなサイズ感はNGです。
ボディラインが強調され過ぎて逆効果になることがあります。

パンツは軽くひと摘まみできる余裕のあるサイズのモノをを選びましょう。
ストレッチ素材のパンツは、伸縮性もあり細めのサイズでも穿いていてストレスを感じることは少ないです。

しかも、足のシルエットをきれいに見せてくれるように設計されたものも多いです。
ですが、サイズ選びを間違ってしまうとシワが多く出来てしまったり、ボディラインが強調されてしまう恐れもあります。

もし、体型的に足の太さが気になるのであれば、履いた状態で太ももから膝にかけて軽くひと摘まみできるサイズのものを選んでみましょう。

山ちゃん
山ちゃん

サイズに余裕があればパンツにシワが寄ることも、パツパツに見えることも防ぐことが出来ます。

特にオススメなのはテーパードパンツです。
太もも周りがゆったりしていて、足首にかけて細くなるので履き心地も良く、シルエットもキレイに出ます。

腰回りから膝にかけてゆとりを出すことによりピチピチ感は無いですし、足首周りはスッキリと抜け感があるので30代の太め体型を気にすることなく履けます。

丈が短めのアンクルパンツタイプも、きれいめファッションにも合わせやすいのでおすすめです。

30代のアウターはロング丈を

ロングアウター

着用アイテムはこちらからCHECK

寒くなってきたシーズに必須のアウターですが「どんなアウターを着れば良いのか分からない」という30代の方も多いのではないでしょうか?

寒いからダウンジャケットが良い!という方も鏡で見たときに「もこもこで太って見えるなぁ・・・」ということは無いですか?
そんな30代のあなたに太めメンズが着るとカッコ良くなるアウターの選び方をお教えします!

まず、アウターですが大きく分けて2種類あります。
それは「ライトアウター」と「ヘビーアウター」です。

ライトアウターは春や秋を中心に肌寒くなってきたときに軽く羽織る1枚もののアウター、薄手のアウターを指します。
ヘビーアウターは真冬の極寒仕様のアウター。具体的にいうとウールのコートやダウンジャケットです。

まずはライトアウターですが、もこもこする素材が少ないので結構選びやすいですし、着やすいですよね。

その中でも、カジュアルファッションに合わせるなら「MA-1」や「マウンテンパーカー」などがおススメです!

理由としては比較的ゆったりした造りのアイテムが多いことです。

元々、MA-1はミリタリーアイテムなので動きやすさや機能性が非常に高いアイテムです。

マウンテンパーカーもアウトドアを想定したデザインやシルエットなどでアウターですがストレッチが効いていたり、蒸れ防止のための空気穴(ベンチレーション)がついていたりと使い勝手が非常にいいです!

しかもどちらもトレンド性の高いデザインモノからシンプルな定番モノまで幅広く展開しています。

デニムパンツやチノパンなどカジュアルパンツとの相性も良いので、迷ったときはこの2つから選ぶと良いでしょう!

キレイ目ファッションのライトアウターで外せないのは「テーラードジャケット」です。

テーラードジャケット

着用アイテムはこちらからCHECK

ポイントとしては「ストレッチが効いているか」で着心地が全く変わってくるので、ぜひこのポイントを押さえてください。

表地がストレッチ性があっても裏地が付いていて伸びない・・・。なんてことはよくあることなので、その時はぜひ接客時やメール、チャットなどお店の人に聞いてみましょう!

サイズ的にはピチピチよりも、ちょっと余裕のある方が良いです。

インナーで調整できますし、カタチ自体が清潔感があり、品のあるアイテムなので無理に細く見せようとしなくてもキレイなシルエットでコーディネートできます。

逆にピチピチだと30代は「無理してるなぁ・・・」と思われたりちゃいますので要注意ですよ!

ヘビーアウターは「ダウンジャケットがちょっとなぁ・・・」と思われている方も多いと思いますが実は逆効果の使い方もあるんです!

山ちゃん
山ちゃん

上半身を大きく見せて、下半身をテーパードパンツなどで細く見せることによって、メリハリの効いたシルエットになります。

その時は第一印象が「太め」から「ガッシリ」に変わるので、逆に男らしさを全面に出すことが出来ます!
この時に注意したいのが「丈感」です。

丈の短いアイテムも多いダウンジャケットですが、短すぎるとバランスが非常に悪くなるので「少し丈長め」のダウンジャケットがおススメです。

腰が隠れるくらい、もしくは股上が隠れるくらいのジャケットを選ぶとバランスよく、カッコいいシルエットになりますよ!

30代はシルエットにメリハリをつけましょう

30代の太めやや太め体型の方にありがちなのが、メリハリのないファッションになってしまう事です。

どういうことかと言いますと、太いから上から下まで大きめの服を選んでします「ルーズ×ルーズのパターンA」と、逆に細く見せようとギリギリ着用できるタイトなファッションで身を固めてしう「タイト×タイトのパターンB」です。

まずは「ルーズ×ルーズのパターンA」についてですが、上下ゆったりして余裕を持たせれば間違いなしという勘違いです。

30代メンズはビッグシルエットのファッションに慣れていないので、とりあえず流行っているから大丈夫だろうと上下ゆったりにするのみで「ドーンとしたルーズなファッション」や「ストリートファッション、スケーター風の若いファッション」に見えるけどオシャレ感としては微妙なカンジになってしまう事が多々あります。

解決法は「上をゆったりさせたら下を細く」という風にメリハリをつけるといいと思います。

次に「タイト×タイトのパターンB」についてです。
若いころに全身細身のファッションが流行っていた30代~40代前半のメンズにわりと多いですが、体型が太くなってしまった方はもちろん、体型が維持できている方でも全身タイトフィットは一見格好良いのですが、「キメすぎ」にもつながりやすく、特に若い方からのウケがあまり良くない場合が少なくありません。

自分の体型に合わせて+時代に合わせて無理をせずにややゆとりを持たせ、少しだけユルくリラックスしたファッションにしてみてはどうでしょうか。

30代はYラインとIラインがおすすめです

○○ラインという言葉を聞いたことがありますか?
まずは、基本的な3つのシルエットバランスをを押さえましょう。

Yライン-ゆったり&ジャスト(トップスがゆったり、ボトムスがほっそり)
Iライン-ジャスト&ジャスト(トップスがほっそり、ボトムスがほっそり)
Aライン-ジャスト&ゆったり(トップスがほっそり、ボトムスがゆったり)

やや太めの30代の方は、Yラインシルエットが最もおすすめです。

Yライン

着用アイテムはこちらからCHECK

Yラインは下半身は細めのボトムスで上半身にはゆとりを持たせて、シルエットのバランスが逆三角形になるようにコーディネートするファッションスタイルです。

別名Vラインとも表現される場合もありますが同じ意味になります。

前述した通り全身を太めにするとメリハリがなくなってしまう可能性が高いので、トップスにゆとりを持たせてもボトムはタイトにしてバランスが良くスタイルが良く見えるようにします。

この場合パンツはスキニーがいいのですが、スキニーだとピチピチになってしまう場合はテーパード(裾にかけて細くなるシルエット)でもかまわないです。

誰でも取り入れやすく挑戦しやすいシルエットバランスです。

Iラインは少しゆとりのあるシルエットがオススメです。

Iライン

着用アイテムはこちらからCHECK

ビッグシルエットファッションに抵抗がある30代~40代メンズはきっと理想のファッションは全身タイトなファッションだと思います。

しかしながら体型が少し太くなってくると、ピッタリしたファッションが無理をしている印象になり見苦しくなるかもしれません。

後述しますが、縦ラインを意識してピタピタではない少しゆとりのあるサイズを選べばリアルなIラインは作りにくくても少し工夫をすることでIラインの雰囲気を出せると思います。

山ちゃん
山ちゃん

Yライン、Iラインと比べ、Aラインシルエットの難易度は高めの上級者シルエットかもしれません。

Aラインとはトップスがタイトでボトムスがゆったりしたファッションで、メンズの場合はボトムがワイド系のパンツを合わせるのが基本です。

そのため、ワイドパンツをどう着こなすかがポイントになります。

シャツがタイトならパンツをブカッとさせるバランス感覚がおしゃれには大切と言っている人もいますので一概にAラインがダメってわけではないですが、30代メンズにとってワイドパンツはバランスがとりずらいいという方が多いのが現実です。

下半身が太い30代の方は太めのパンツを選びがちですが、あまり太すぎないパンツやテーパードシルエットのパンツを選んでみた方が無難です。

30代は縦のラインを強調したファッションを

Iライン

着用アイテムはこちらからCHECK

ボーダーよりもストライプ柄を選びましょう。

ストライプ柄は縦ラインを強調してすっきり見せてくれると言われますが、なぜストライプ柄には細見え効果があるのかを具体的に説明していきます。

まず、縦方向に線が並んでいると視覚的に縮小して見えるので、横幅の面積を狭く、小さく見せる効果があるのです。

それとは逆にボーダー柄が「太って見える」と言われているのは、横ラインが視覚的に左右へ広く見せる効果があるのが原因です。

というわけで、太め30代メンズとしては部分的にストライプ柄を使うと細見え効果がある。
という事になります。

ストライプ柄と言えばシャツやパンツが種類やアイテムも豊富で使いやすいです。

夏場はTシャツを多く着る人が多いと思いますが、Tシャツでストライプ柄は多くありません。

そんな時はストライプの半袖シャツを一枚羽織ったり、ストライプのショートパンツなどでコーディネートをすると夏っぽさと着痩せ効果の両方を演出できる30代ファッションになりますよ!

3.30代太め体型メンズが気を付けるべきNGファッション

明るい膨張色は太く見える

膨張色

収縮色のアイテムをおすすめしましたが、その逆は「膨張色」です。

「膨張色」とは、モノの大きさをより大きく見せる効果を持つ色のことでファッションにおいては30代太め体型メンズの方は避けたほうが良い色とされています。

具体的に膨張色に分類されるのは、ホワイト、アイボリー、クリーム色、キナリなどは明るい色合いと、レッド、オレンジ、イエローなどの暖色系の色合いです。

暖色でも色の明るさが暗めで濃ければ膨張色ではなくなりますので、例えばダークレッドなどは問題ありません。

ただし、ホワイトやライトベージュなど基本カラーも含まれるので、全てをNGにしてしまう事は現実的ではありません。

全身が膨張色にならないよに注意しながらブラックやネイビーなどの「収縮色」をうまく組み合わせてみて下さい。

また、もう一つの膨張色の暖色(レッド、オレンジ、イエローなど)はあえて使わなくてもいいカラーで、派手な色は体型を目立たせて実際よりも大きく見えてしまうのでやめておきましょう。

首の詰まったデザインのアイテム

首がつまったアイテム

30代の太め体型の方の中で首が太い方については特に首の詰まったファッションはNGですが、太め体型の方全般的に首の詰まったデザインは避けたほうが良いです。

首元が詰まってしまうと、顔が強調され全体的に大きく見えてしまいます。
逆に首まわりが開いたデザインのものを選ぶと、顔まわりや上半身がすっきりしたファッションになりおすすめです。

ただし注意点として首元が大きくあいたファッションが良いといってもヨレヨレになっている清潔感のない服は30代に限らずもちろんNGです。
言うまでもありませんね。

全身黒のオールブラックファッション

30代太めメンズの方は収縮色がおすすめですが、だからと言って全身ブラックのコーディネートはおススメはしません。
なぜなら単純に暑苦しいからです。

「引き締めよう」と選んでいたファッションが実は逆効果になっている典型例です。

シャープに見える黒なら大丈夫と、着痩せ効果を狙ってブラックにブラックを重ねてしまうと、重いイメージが強くなります。

収縮色のブラックは効果的に使いつつ全身黒ずくめにならないように注意しましょう。

だぼだぼすぎるシルエット

ダボっとしたファッションは体型を隠してくれるという勘違いがあります。

また最近のビッグシルエットファッションの流行も後押しして「ドカンとルーズなスタイル」のファッションをした30代の太めメンズを時々見かけます。

程度にもよりますが、あまりにもダボダボすると「デブ」に見えますし、清潔感のない「だらしない若づくり風」になっちゃいます。

「上下ゆったり」もせずに「上をゆったりさせたら下を細く」などのメリハリをつけてみてください。

ヘアスタイルも重要

すっきりとしたヘアスタイル

実はヘアスタイルもとても重要で、顔が大きく見えるヘアスタイル=全体が太く見えるのです。
また、イメージ的にも、野暮ったくない爽やかさのある髪型で好感度アップを狙ってください。

まず最初に論外のヘアスタイルはこの2つです。

伸ばしっぱなしで手入れをしていないヘアスタイル
ボサボサでふけがあったり、脂ぎっていたりで不潔に見える髪型

単純に清潔感がないのではなく不潔な髪の毛は30代に限らず、どの世代でもNGなのは言うまでもありません。
また、ちゃんとお手入れをしていても長髪は基本的にNGです。

30代メンズにありがちなのは、昔流行ったヘアスタイルを変えずにそのまま継続しているタイプです。

できればショートやオールバックなど、スッキリしたヘアスタイルがオススメです。

そのほかに、外ハネなどボリューム感のあるパーマや明るい茶髪、シンメトリー(左右対称)なセンター分けなども避けたほうが良いと思います。

外ハネパーマは依然流行しましたが、今は完全に下火です。
基本的に顔が大きく見えますので30代太めメンズは特にNGですね。

シンメトリーのセンター分けも顔の丸さが強調されます。

そしてかなり多いのが明るい髪の色方です。
程度にもよりますが30代太めメンズはやめておいたほうが良いでしょう。

逆におすすめは短めの髪型です。

太め体型やガタイのいい芸能人等でも、刈り上げショートや短めのオールバックの方が多いですし、顔全体のボリュームを抑えられるので、スッキリしたヘアスタイルに変えてみてはいかがでしょうか?

4.30代太め体型メンズにおすすめのアイテム

30代にオススメその① ロングコート

ロングコート

着用アイテムはこちらからCHECK

コート類は30代太めメンズ、太め男子におすすめのアイテムです。

その中でもロングコートは縦のシルエットが強調されスラっとしたシルエットが生まれます。

全体のシルエットがAラインぽくなるのでボトムを太くしすぎないようにさえ注意すればわりとコーディネートも簡単です。

前を開けて着ても、前を閉めて着てもさまになりますのでコーディネートも幅が広がります。

すっきり見えるのに気になるところはすっぽり隠せるのでいいとこずくめのシルエットです。

注意ポイントはサイズを大きくしすぎない事と、ボトムを太くしない事です。

今はオーバーサイズコートが流行っているのですが、ほどよくゆったり程度にとどめて「着せられてる感」が出ないようにしましょうね。

30代にオススメその② Vネックカットソー

Vネックカットソー

着用アイテムはこちらからCHECK

特に何も意識せずに選び、当たり前のように着用するのがTシャツやカットソーですが、ちょっと首の形状に注意をしてみましょう。

30代太めメンズにNGなのは首元の詰まったTシャツです。

きつそうに見えたり、顔が大きく見えたり、首が太く見えたりして、シルエットがゆったりしてもぴったりしても全体を太く見せる効果があるので避けたほうがいいです。

しかし逆に首元がゆるすぎるのもNGです。
いわゆるUネックと呼ばれるタイプですが、あまり大きくえぐれた首元はだらしなく見えて清潔感がなくなります。

だからVネックをおすすめします。
抜け感も演出できるので、手軽にすっきりとした着やせファッションをつくれるアイテムです。

シャツ

着用アイテムはこちらからCHECK

ポロシャツとVネックを組み合わせたスキッパータイプもVネック同様にスッキリ見せる着やせ効果があります。

半袖や長袖、1枚で着る季節も、インナーとして活用する季節も首元にVゾーンを作ればスッキリ見えること間違いなしです。

30代にオススメその③ シャツ

シャツ

着用アイテムはこちらからCHECK

今回ご紹介するのはオーバーサイズシルエットのシャツです。

トレンドのオーバーサイズを採用してサラッと羽織れるので、季節の変わり目にアウター感覚で着用いてもOKですし、ロングコートとの相性もとても良いです。

ほどよく抜け感がありキメ過ぎていないので30代の大人のゆとりを感じさせつつ、シャツ自体が主役になれる存在感があります。

太めメンズにも対応したゆったりしたシルエットですが、ストライプやダークカラーをセレクトすれば細見え効果も出てシャープなイメージになるシャツです。

30代にオススメその④ テーパードパンツ

テーパードパンツ

着用アイテムはこちらからCHECK

太ももの太さでお悩みをの方もかんたんに30代大人ファッションを楽しめるテーパードパンツが最強です。

ももまわりは少しゆとりがあるのに、裾にかけて細くなっていくシルエットのパンツがこのテーパードパンツの特徴ですが、あまりモモが太すぎるタイプだと短足に見える可能性があるので、スッキリしたシルエットのタイプをおすすめします。

30代にオススメその⑤ ショートパンツ

ショートパンツ

着用アイテムはこちらからCHECK

大胆な大きめのチェック柄を落とし込んだショートパンツです。
30代の大人のゆとりと遊び心を絶妙なバランスで両立して、しかもカッコいい!

間違いないひざ上の長さで、安心してファッションを楽しめて、ブラックが基調のカラーリングで長袖との相性も良いです。

5.30代ファッションのまとめ

いかがでしたでしょうか?30代の太め体型でもオシャレに見せる必要があります。

もちろん「やせる」というより「鍛えた」方がいいのですが、30代になるとなかなか簡単なものではありませんよね・・・・

30代になって太くなったからと言って、ファッションをあきらめる必要は全くありません。

「入る服」という基準だけでファッションを選び始めるとどんどんファットなイメージが強くなっていきます。

とにかく大きめをただ選べばいいわけではないという事はわかっていただけたかと思います。

シャープなイメージのバランスやほっそり見えるカラーリングを学んでいただけたら、あとは実践のみです!

30代のみなさん、一緒に頑張りましょう!

(おわり)

LINE追加


【その他の記事一覧】